小顔マッサージの現実!

小顔マッサージ

 

高いお金を払ってサロンやエステで行ってもらう小顔マッサージ。

 

小顔マッサージは、ほとんどの施術方法はリンパマッサージなのですが、
このリンパマッサージで内出血を起こしたり、顔が腫れたり、アザができる人がとても多いんです。

 

では、あなたに質問です。

小顔マッサージでコルギに代表されるような、
リンパマッサージは痛いのが当然
痛いほど効果があると思っていませんか?

小顔マッサージの施術中に、よく「痛いのは老廃物が溜まっているから。」ともっともらしいことを言われたりしますが、これは大きな間違いです。

 

まず、正しいリンパマッサージは痛くありません。

 

もちろん、老廃物が溜まっていても内出血も起きなければアザもできることはありません。

 

ましてや腫れるとはもっての他です。

 

内出血やアザは怪我をしている状態で、回復のためにエネルギーが使われ、当然免疫力は低下します。

 

こんな状態で顔のむくみなど解消できるわけがありません。

 

まして、腫れは炎症が起きているのです。
もっとひどいです。

 

リンパは、皮膚のすぐ下を流れているので、リンパの流れに沿ってなでる程度、さする程度で効果がでます。

 

それだけで、血行も改善され老廃物を体外に排出する効果が期待できるんです。

 

小顔マッサージ

 

リンパは皮膚のすぐ下を流れているので強くマッサージする必要はありません。

 

リンパの中には、深層を通っているものもありますが、その割合は約30%で、
残りの約70%は浅層で皮膚のすぐ下を通っているのです。

 

深層のリンパは皮膚の上から、あざができるぐらいの強さで押しても深部のリンパ管には届きません。

 

しかし、浅層のリンパの流れが良くなることで、深層リンパの流れも良くなるのです。

 

逆に強く押すリンパマッサージは、毛細リンパや毛細血管をつぶしてしまいます。

 

また、強く押すことで痛みを感じると、自律神経の一部である交感神経が優位になり、筋肉が硬くなりリンパ管も縮まってしまい逆効果になります。

 

逆に優しくマッサージすると、副交感神経が優位になり、リラックスすることでリンパ管が開き良い効果をもたらしてくれます。

小顔マッサージで内出血、顔が腫れる理由

小顔マッサージ

これは、もう施術者の技術不足というしかありません。

 

つまり、下手ということです。

 

整体やエステ、サロンなどの施術者は、資格が必要が無いので誰でもできます。

 

極端ですが、チョロチョロっと教えてもらっただけの素人に毛が生えたような新人でも施術できるのです。

 

正しいリンパマッサージは本来優しいものなので、施術中に痛いと感じたら、その施術者の経験を疑った方がいいでしょう。

 

もし、あなたがそんな施術者に出会ったらすぐに「痛い!」と言って力を緩めてもらいましょう。

 

でも、こう言うと必ずこんな返事が返ってくるんですよね。

 

「老廃物がだいぶ溜まっているので痛いのです。」

 

「1回では、老廃物が排出できないので定期的に来てください。」

 

もう、これはわざと痛くしてリピートを促しているのです。

 

もっとひどい例になると、痛いのに黙って耐えて、お金を払い、お礼も言って帰るのですが、
顔の痛みが続き、顔に熱を持っている感じがして、鏡を見たらおもいっきり内出血をしていて、
翌日にも内出血は止まらず、あざになって1週間くらい治らなかった事例があります。

 

その間は、触るのはもちろん、奥歯をかみしめるだけでも痛みが走ったそうです。

 

施術が上手い人は、手を肌にしっかり密着させるようにしてマッサージをします。

 

手に入る力が一ヶ所に集中しないように力を分散させているのです。

 

これだけでも、経験者かそうでないかも判断できます。

 

固い器具を使用するところもありますが、痛いのは論外です。

毛細血管が弱くなっている

これは、施術者に問題があるわけではありませんが、施術を受ける人の毛細血管が弱くなっている場合です。

 

運動不足や偏食、喫煙などで、酸素や栄養が行き渡らず、毛細血管が弱くなっている場合があります。

 

この場合は、強く押されなくても、少しの衝撃で毛細血管が切れたりして、内出血やあざができることがあります。

好転反応

もう一つ、これは悪い例ではありませんが、好転反応といって、良くなる前の前兆として、プツプツと赤いアザのような湿疹のようなものができることがあります。

 

人によっては痒みを伴うこともあります。

 

好転反応は内出血と違い、毛細血管は切れていないので押しても痛いということはありません。

 

見た目も、あざの赤黒く肌が変色したものとは違い、小さな赤い斑点が集まっている状態です。

 

リンパマッサージで、リンパの流れがよくなり、細胞が活性化して体内に溜まっている老廃物が排出されている状態です。

 

たとえば、長く正座をしていたあとで、立ち上がると足がしびれて立ち上がれないことがありますよね。

 

でも、しばらくするとしびれもなくなり立ち上がることができます。

 

このしびれの状態に、好転反応は似ています。

 

好転反応は症状があらわれてから数時間〜3日以内には赤みは引きます。

 

東洋医学ではお血(おけつ)と言われています。

あざや腫れの治し方

あざができて2日以内

毛細血管が切れている状態なので、皮膚の下で血液の広がりを抑えるために患部を冷やします。

あざができて2日以上経過した場合

腫れも引いている状態を確かめてから、今度は血行を促進して治癒能力を高めるために患部を暖めます。

 

この時に、マッサージをすると再び毛細血管が切れてしまうこともあるので、マッサージするのはやめてください。

 

通常7日〜10日ほどで完治します。

内出血やあざ、腫れがでた時のクレーム対策

まずは、施術したお店に連絡を取り、どう対処してくれるのか確認してから、次に取るべき行動を判断します。

お店がまったく対応をしてくれなく責任回避する場合

医者にいって診断書をもらい、消費者センターに連絡します。

 

消費者センター電話番号:188(いやや)

 

あなたの近くの消費生活相談窓口を案内してくれます。

 

消費者庁では、施術後に異常があった場合はすぐに、施術を受けた施設や運営者に連絡を取り、早く医者にかかることを推奨しています。

小顔矯正の施術に関する紛争

小顔マッサージ

ただし、こんな実例があるの注意が必要です。

 

国民生活センターが公表している実例です。
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20131205_4.pdf#page=29

 

テレビ番組や女性週刊誌で紹介で紹介されていた著名なサロンで起きた実例です。

 

被害にあった女性は、さすがに人気店だったので、予約を取るのに1年待って小顔マッサージの施術を受けました。

 

女性は、そのサロンで顔の骨の位置を正しい位置に戻すことで小顔になり、リバウンドは全くなく、一度の施術で絶大な効果が得られると説明を受けました。

 

それで女性は、2回分の施術代金の42万円を支払います。

 

まず、施術前に顔をコの字型の定規で測られ、10分〜15分の施術を受けます。

 

痛みはありましたが、我慢できない痛みではなかったので、そのまま施術を受け、施術後にもう一度、定規で顔を測られます。

 

担当者と周りのスタッフから「変わった」と言われ、自分ではあまり納得ができなかったが、定規の数字のデーターも見せられ、
「効果を確認しました。」という書類にサインをさせられました。

 

しかし、自宅に戻っても家族から「まったく変化がない」と言われ、周囲の人からも気づかれませんでした。

 

2回目の施術を行う前に、そのサロンが消費者庁から措置命令を受けたことを知り、返金を求めたのですが、結局戻って来ませんでした。

 

当然、女性は消費者センターと連絡を取って処理をしていたのですが、
書類に施術効果を実感したという署名があり、何度も相手方に通知書を送っても和解が成立する見込みがないことから、手続きが終了されたのです。

また、こんな事例もあります。

  • 施術を受ける前に「腫れた場合でも責任は負いません」という同意書にサインをさせられる。
  • 口頭の説明はなく同意書のみに書かれている。

内容をあまり確認しないまま、サインをしてしまいがちですが、必ず同意書には目を通すようにしましょう。

 

納得が出来なければサインをしないで、別のサロンを探すようにしてください。

 

 

いまだに、小顔をマッサージと謳ってリンパマッサージを行い、怪我をさせてしまっている整体、エステ、サロンが後を絶ちません。

 

実際のはなし、施術を受ける側が良いサロンかどうかをみきわめていくしか被害を食い止める方法はありません。

 

しかし、最後にこんなことを言うのもなんですが、リンパマッサージでむくみが取れて小顔になっても、一時的です。

 

また、いつもの生活習慣を繰り返していればリンパ管の老廃物の流れは再び滞りむくみがでます。

 

むくみがでたら、またリンパマッサージを施術してもらう。

 

こんな繰り返しをあなたは望みますか?

 

費用も時間も、どれだけかかるのか想像もつきません。

 

極端ですが、リンパマッサージを受けて効果を実感し、お礼を言って自宅に戻ったら、元に戻っていたという事もあるのです。

 

とすれば、いつでも、どこでも、毎日でも、時と場所を選ばずに、自分でできる方法をマスターした方が良くないですか?

 

小顔マッサージ

 

また、こんな小顔クセをつけるパックもあります。」

 

プティットラファン口コミ