「美しい顔」と聞くと、あなたはどんな顔を思い浮かべますか?

美しい顔

美しい顔の条件に、「黄金比率」があります。

これは、いつの時代に誰が見ても美しいと感じるパーツや輪郭の形・長さの比率のこと。

 

絶世の美人とされる人は、骨格や皮膚の厚みといった「土台」と「各パーツの位置関係」が、黄金比率にあります。

 

例えば、一重まぶたでも、全体のパーツが黄金比率であれば、美しく見えます。

 

しかし、黄金比率にこだわり過ぎるのはおすすめしません。

 

黄金比率はもともと白人の顔をもとにつくられたもの。

 

日本人は骨格や皮膚の厚みなど、顔の土台が根本的に異なります。

 

日本人でも黄金比率に近い顔立ちをしてる人は、たまたま土台にその要素を兼ね備えていたのです。
ほかにも、

  • 「理想的な眼と眼の感覚は何センチですか?」
  • 「目の横幅と縦幅はそれぞれ何センチが理想ですか?」

などと聞く人がいますが、特定の数値通りであれば、美人というわけではありません。

 

顔の大きさは人によって違います。

 

元の顔が小さく、目と目の間が2.8センチが最良のバランスである人もいれば、元の顔が大きく、3.5センチが最良のバランスの人もいます。

 

人それぞれ、その人の元の顔・身体に応じた「最良のバランス」が必ずあります。

 

そのバランスを大きく崩しているパーツが「欠点」。

 

特定のパーツが特出してを大きかったり小さかったりして、全体のバランスを崩しているのです。

 

その欠点を、全体に合わせて整えれば、あなたらしい美しさが生まれます。

 

自身の元の顔、身体に応じた最良のバランスを探るのが、美人への近道です。

欠点のある顔でも愛される

「愛される顔=完璧な顔ではない」

世間で広く好まれる女性芸能人の多くは、全体的に整った顔をしているのに、どこかアンバランスなパーツがあることにお気付きでしょうか。

 

代表格は、能年玲奈さんや新垣結衣さん、戸田恵梨香さんなど。

 

パーツの位置関係、バランスは非常によいのですが、どこかのパーツがちょっとだけバランスを崩していることで、親近感を与えているのです。

  • 奥二重のようにも見える末広二重
  • まぶたが厚く、二重のラインの上に腫れぼったいたるみが乗る
  • 笑った時に目が細くなる
  • 鼻根部(びこんぶ)が高くなく、鼻筋が通っていない。
  • 小鼻、鼻先がやや横に広がっている
  • 笑うと小鼻が横に広がり、鼻先がつぶれる
  • 鼻先が上がっており、軽い団子鼻である
  • 笑った時に頬の肉が膨らむ
  • 顎先が丸く、尖っていない

これらは、欠点ともなる特徴ですが、それがあることで親近感を与え、愛される要素になっているのです。

 

欠点が全くない絶世の美女だから、モテてモテて愛されるわけではないのです。

欠点は本当に悪いもの?

コンプレックス解消には美容整形しかない?

目が小さい、一重瞼、団子鼻、毛深い、太っている、痩せすぎ、など、人は見た目に様々なコンプレックスを抱えているものです。

 

明らかな欠点は治療する方がいい場合もありますが、欠点とは逆に言うと、その人にしかない「個性」。

 

チャームポイントになるものです。

 

例えば、大きなバストの人は、小さなバストに憧れるかもしれませんが、小さなバストの人は、大きなバストに憧れます。

 

生まれつきハーフ顔であることが悩みの人もいれば、ハーフ顔に憧れて整形を繰り返す人もいます。

 

ほかの人から見たら、あまり気にならない、むしろそのパーツが長所になっているという場合もあります。

 

また、置かれている環境が変われば、キレイの定義も変わります。

 

人はないものをねだり、自分が持っていないものに憧れる傾向があります。

 

美容整形がコンプレックス解消に本当に必要なのかどうか考えてから手術をしても、決して遅くないはずです。

目の黄金比率

美しい目のバランス

美しい目のバランス

人の顔を見るときや話すときは目を見るもの。

 

目は顔の中で最も印象を左右するパーツです。

 

少しの変化で大きくイメージを変えることもできます。

 

目の黄金比率として有名なのは、「目が顔の横幅に5つ並ぶ幅」とされています。

 

つまり、顔を正面から見たとき、顔の端(耳元の付け根)から目までの距離と、「目の横幅と目と目の間隔が、1:1:1:1:1」になるのが理想です。

黒目の見え具合が決め手

黒目のバランス

目の大きさの印象は、目を開けたときにどれくらい黒目が見えるかが決め手です。

 

奥二重でも一重でも、黒目が大きければ、キレイで整って見えます。

 

つまり、どんなに幅の広い二重にしても瞳があまり見えていなければ、ぱっちりとは見えません。

 

無理に二重幅を広くすると目の開きが悪くなり、かえって黒目が隠れてしまいます。

 

白目と黒目のバランスは、「白目:黒目:白目=1:2:1」とも言われていますが、目を開けたときに黒目が8割程度見えると、ぱっちりと言われるバランスになります。

 

9割だと、いわゆる「びっくり目」のようになります。

 

反対に5割程度だと、眠たそうな目に見えてしまい

 

「自然に二重になった!」という話しはなぜ?

自力で二重にはなれない

自然に二重になる人もいる

 

日本人の7割は一重瞼で、原則、自力で二重にすることはできません。

 

しかし、ある条件を備えている場合、刺激を加えることで二重になる可能性があります。

 

二重になる素因は、まぶたが薄いことが第一。

 

まぶたが厚いと折れ曲がることができません。

 

また、まぶたを開ける力が強いこと、目がくぼみすぎていないこと、眼球が前に出過ぎていないことが条件です。

 

これらの条件を兼ね備えている人は、加齢でまぶたが薄くなると折れ曲がりやすくなり、二重になることがあります。

 

また同じラインで二重のりなどをしていれば、二重が固定されることもあります。

 

とはいえ、二重のりの糊は体質によってはかぶれて接触性皮膚炎を起こすので、本来おすすめはしません。

 

かぶれると皮膚が分厚くなり、元の厚みに戻らなくなります

カギはふだんの「笑顔」にあり

涙袋が似合う人、似合わない人

涙袋の正体は、目の周りにある眼輪筋の膨らみ。

 

無表情のときより、笑顔のときの方がよく浮き出ますが、それは笑うと筋肉が収縮するためです。

涙袋は自力で作れない

女性の涙袋

表情筋トレーニングで眼輪筋を筋トレすれば大きくなると紹介されていることがありますが、その効果はわずかにあるかどうかという程度。

 

そもそも、筋トレでを大きくなるのは、強い力を必要とする骨格筋。

 

眼輪筋は表情筋で、筋トレで大きくなる種類の筋肉ではありません。

 

しかし普段笑わない、表情に乏しい人ならば、笑うことで表情筋が鍛えられ、涙袋が出る可能性があります。

 

筋肉は使っていないと委縮するものなので、無表情の人は眼輪筋が発達していないためです。

 

それでも、表情筋トレーニングなどはせず、「笑顔を心がける」くらいにしておくのがよいでしょう。

 

そもそも表情筋トレーニングは、過度にやるとシワが増えます。

 

表情筋トレーニングはシワつくりトレーニングだとも言われているのが実情です。

 

なお、オロナインを塗って脂肪を燃焼させて眼輪筋を浮き上がらせるという方法も紹介されていますが、オロナインには脂肪燃焼作用はありません。

笑顔が最大の適応

一番自然に仕上がるのは、やはり普段から笑顔の人。

 

よく笑う人は、眼輪筋が発達しており、涙袋ができています。

 

しかし、あまり笑わなくて無表情な人は、似合わない可能性があります。

 

そうした人は、元の涙袋も発達していないことが多いです。

 

普段あまり笑わないのに、涙袋だけぷっくりしているのも、また不自然な印象になりがちです。

 

涙袋をつくるならば、まずはしっかり笑顔になり、涙袋が似合う顔立ちにするのがおすすめといえるほど。

 

口角を上げれば幸せの脳内物質・セロトニンも分泌されるので、性格も明るくなり、より涙袋の似合う若々しい顔立ちになるかもしれません。

鼻の黄金比率

キレイな鼻の条件

典型的な美人の鼻は、存在感があまりありません。

 

”あの人、いったいどんな鼻をしてたっけ?”と思い出せないくらい主張のない「忘れ鼻」がちょうどよいもの。

 

そんな忘れ鼻をつくるための黄金法則の中でも特に重要な2つの法則をご紹介しましょう。

鼻の縦横比率の法則

鼻の縦横比率の法則

目の横幅と小鼻の横幅が同じ。

 

「目:鼻:目」が1:1:1で並んでいることです。

 

また、鼻の長さと小鼻の横幅は、「100:64」の比率にあるのが理想。

 

つまり、目が3センチならば、小鼻の横幅も3センチ、その時の鼻の長さは 4.6センチが理想です

Eラインの法則

Eラインの法則

鼻先と唇、顎を結ぶラインがEライン。

 

これが一直線であること。

 

男性では90度、女性では110度がきれいです。

 

鼻の高さは、鼻の長さの1/3が理想です。

 

顔のど真ん中で存在感を発揮する鼻は、数ミリの違いで顔全体の印象をガラッと変えてしまうため、よけい気になるパーツです。

 

とはいえ、欠点を解消しようと、高くしすぎたり細く尖らせすぎたりすると、それもまた存在感が強調されて不自然。

鼻の形は自力で変えられない

鼻の仕組みとつくり

鼻は人間が呼吸するための空気の出入り口。

 

鼻はぶつけやすい部分でもあるため、軟骨も丈夫です。

 

その土台の上に、軟部組織と皮膚がかぶさってできています。

 

日本人の鼻は、西洋人と比べて短く、低いのが特徴。

 

しかし、ただ長さ、高さを追求するのではなく、顔面のほかのパーツとのバランスを考慮して、美しい鼻を形成することが大切です。

鼻の組織はとても丈夫

「自力で鼻を高くする方法」「自力で鼻を小さくする方法」などがあちこちで紹介されていますが、鼻の形は自力で変えることはできません。

 

鼻先の軟骨も皮膚も硬いもので、持続的に力を加えても、ほとんど伸ばすことができません。

 

「鼻をほじり過ぎると穴が広がる」というのもよく言われますが、同様の理由から、それもあり得ません。

 

1日10回1時間おきに鼻の穴が張り裂けるくらいの強さで、半年間鼻をほじり続ければ、少し鼻の穴が大きくなるかもしれない、という程度です

「鼻を高くする方法」のウソ・ホント

鼻叩き

理論
鼻をトントン叩いて、鼻を高くすることができるというもの。
骨折した骨が治療後、太くなる「骨新生」「骨増生」の理論。
解説
「骨新生」「骨増生」を起こすには、鼻の骨にひびが入るくらい強い力で叩く必要がある。
何百回と軽く叩いても、骨は太くならない。

マッサージ

理論
揉むことで鼻の脂肪が燃えるというもの。
解説
マッサージで脂肪は燃えない。

鼻を高くする器具

理論
鼻の穴の中に突っ張り棒のようなものを入れ、持続的に圧力を加えて鼻を高くする。
解説
大人の軟骨は硬く、持続的に力を加えても形は変わらない。
外した直後は細く、高くなったように感じても、一時的に水分が移動しただけ。

理想的な顔の形とは?

美しいフェイスラインとは?

小顔の効果は大きく2つ。

 

顔の面積が小さいと、目鼻立ちがはっきりして見える。

 

顔が小さいと、全身のバランスも良くなり、スタイルも美しく見える。

 

全身の美人度が大幅にアップするのが小顔のメリットです。

 

輪郭は目・鼻・口などのパーツを引き立たせるベース。

 

各パーツと合うよう、全体のバランスを考えることが大切です。

小顔のポイント

小顔に見えるポイントの一つが輪郭の滑らかさ。

 

でこぼこした輪郭は実際の大きさ以上に顔を大きくみせます。

 

ただやみくもに輪郭を小さくするのではなく、「減らすべきところを減らし、増やすべきところを補う」ことが大切です。

顔が大きい原因

顔が大きくなる原因は大きく4つ

  • 脂肪が多い
  • 筋肉のハリ
  • 皮膚のたるみ
  • 骨格が張っている