小顔になる方法のウソ!ホント!

小顔になる方法のウソ!ホント!

 

世間に一般に言われている小顔になる方法のウソを暴きます!

 

小顔マッサージ

ウソ

リンパの流れをよくすることで、ムクミを取り除かれ小顔になる。

ホント

水分は一時的に移動しますが、1日もたてば元の位置に戻ってしまいます。
小顔ローラーも同様で一時的です。
毎日、やり続けても水分がない状態を保つ程度しか効果はありません。

小顔体操、小顔エクササイズ

ウソ

顔の筋肉を鍛えることで、顔をほっそり引き締め、歪みも矯正することで小顔になる。

ホント

顔の筋肉、表情筋は鍛えることはできません。
また、骨の歪みも改善することはありません。
下手をすると、シワを作る原因になったりします。

小顔矯正、コルギ

ウソ

顎部、顔面の骨は小さな骨が集まっていて、その合間には隙間があります。
そこに老廃物がたまったりするので、それを外部から圧力をかけることで隙間を閉じて、歪みを治すことで小顔になる。

ホント

成人の頭蓋骨、顔面骨の縫合線は完全に閉鎖していて隙間はありません。

小顔は自力ではなれない

さまざまな小顔メソッドが巷には溢れていますが、顔の大きさを自力では変えることはできません。

 

顔の皮下脂肪は燃焼させることもできないし、表情筋は鍛えることもできません。

 

また、顔の骨の形状も自力では変えることはできません。

 

人が加える程度の力で骨が動くようでは、すぐに大怪我をしてしまいます。

 

骨はかなり丈夫な物です。

 

小顔は自力では治すことはできないと説明しましたが、

  • コラーゲンやエラスチンなどの減少による皮膚の脆弱化
  • 脂肪組織の下垂
  • 筋肉と筋膜の緩み
  • 皮膚と骨をつなぎとめるリガメント組織の緩み

は、スキンンケア、美容ツール使用でのケア、サロンケアなどで改善することができます。

顔のたるみの原因は主に5つあります。

  1. コラーゲンやエラスチンなどの減少による皮膚の脆弱化(ぜいじゃくか)
  2. 脂肪組織の下垂
  3. 筋肉と筋膜の緩み
  4. 皮膚と骨をつなぎとめるリガメント組織の緩み
  5. 顔面骨の骨量の減少

このうちスキンケアで改善できるのは@のみです。
美容ツールでのケアは、@〜B
サロンケアは@〜C
美容皮膚科医療は@〜Dに対応します。

 

顔面骨の骨量の減少は、整形手術に頼るしか現実的には方法がありません。

 

輪郭の治療は、主に「頬」「エラ」「オトガイ(顎)」「額」に行います。

 

しかし、ただそれぞれを小さくすればいいというものではありません。

 

輪郭は目・鼻・口などのパーツを引きたたせるベース。

 

各パーツと合うように、全体のバランスを考えることが大切です。

小顔の効果

小顔の効果は大きく分けて2つあります。

 

1.顔の面積が小さいことで、目鼻立ちがはっきりして見える。

 

2.顔が小さいことで、全身のバランスがよくなり、スタイルも美しく見える。

 

このように小顔は、全身の美人度が大幅にアップするのがメリットです。

小顔のポイント

小顔の見えるポイントの一つが輪郭のなめらかさです。

 

でこぼこした輪郭は実際の大きさ以上に顔を大きく見せます。

 

しかし、ただやみくもに輪郭を小さくするのではなく、「減らすべきところは減らし、増やすべきところを補う」ことが大切です。

顔が大きく見える原因と対処法

顔が大きくなる原因は大きく分けて4つあります。
その原因をダイレクトに取り除くことで小顔になります。
4つの原因と、それに対処する処置方法を紹介します。

 

1.脂肪が多い
脂肪吸引または脂肪融解注射

 

2.筋肉のハリ
ポツリヌストキシン注射

 

3.皮膚にたるみ
たるみ治療

 

4.骨格が張っている
骨切り/骨縮小手術

美容皮膚科の処置方法

ここからは、美容皮膚科最大手の湘南美容皮膚科クリニックの処置方法を例にとって、お話をすすめていきます。

 

化粧品、美容器具などを使用して長い期間と費用をかけ続けるよりも、美容皮膚科で処置した方が、確実で安価に収まるケースがほとんどです。

 

意外とお値打ちな料金です。

 

確認するだけの価値はありますよ。

小顔の処置方法を一つひとつ詳しく説明します。

★脂肪融解注射

小顔になる方法のウソ!ホント!


もともと顔の脂肪があまり多くない人向きです。
頬、フェイスライン、顎下のほか、上まぶたや鼻の脂肪の融解もでき、細かく、ピンポイントで改善が可能です。

 

★ポツリヌストキシン注射

小顔になる方法のウソ!ホント!


ポツリヌストキシン注射でエラの張りを小さくします。
「エラが張っている」ように見える原因は、必要以上に発達した咬筋(こうきん)であることがほとんどです。

 

奥歯をグッと噛みしめたときにギュッと盛り上がる耳の下の膨らみが咬筋です。
この咬筋にポツリヌストキシンを作用させることで、エラのハリを小さくして小顔を作ります。

 

ダウンタイムもほぼなく、術後約3〜4週間後から、徐々にほっそりとしてきます。

 

筋肉の廃用性萎縮(はいようせいいしゅく)は、ある程度残りますが、
ポツリヌストキシン注射の効果がなくなっても、ピーク時の3〜4割程度の効果は半永久的に残ります。

 

そのため個人差はありますが、薬の効果がなくなっても注射前より顔が小さくなっていることが多いです。

 

★たるみ治療

小顔になる方法のウソ!ホント!


顔がたるむと、顔が肥大化するだけでなく、水分や老廃物が流れず滞(とどこお)ってむくみ、よりたるみが目立ちやすくなります。

 

★脂肪吸引

小顔になる方法のウソ!ホント!


もともと皮下脂肪が多く、脂肪を大きく取る場合に効果的です。
たるんでいるところの脂肪を減らし、たるみのボリュームを減らすことで、たるみが改善して、リフトアップと同じような効果があります。

 

ただし、皮膚のたるみに皮下脂肪がたくさんついている人に適応します。
単に皮膚がたるんでいるだけで、余分な皮下脂肪がない人には効果は期待できません。

 

★エラ骨切り

小顔になる方法のウソ!ホント!


横から見たときにエラが大きく見える場合は、骨が原因です。
この骨を直接切り取って小さくします。

 

手術では、奥歯の歯茎の下を切開して、出っ張ったエラの骨と余分な筋肉を削ります。

 

エラ骨の治療は、よほどエラ骨が張っている場合か、正面より横から見たときの美しさを向上させたい場合に選択します。

 

頬がくぼんでいるために頬骨やあごがゴツゴツと目立つ場合は、くぼんでいる部分に脂肪注入やヒアルロン酸注入をする方法もあります。

 

顔を小さくするわけではありませんが、やわらかな印象になります。

 

TVCM放映中!全国88院展開, 美容クリニック<湘南美容>

小顔注射(BNLS neo)2