顔が大きくなる原因:小顔になるためにしてはいけない習慣・癖!

顔が大きくなる原因

毎日の生活の中には、顔を大きくしてしまう「悪」習慣がいっぱいあります。

 

たとえば「ほおずえ」

 

授業中や仕事中に、気が付くとほずえをついている。という人も多いのではないでしょうか?

 

【関連記事】顔は30代から大きくなる!

頬杖をつくことで顔が大きくなる

顔が大きくなる原因

正確に言うと、顔が大きくなるのではなく、顎に歪みが出ることで顔が大きく見えるのです。

 

頬杖は同じ側ばかりしていてはいけません。

 

また、頬杖をつくことで猫背にもなりやすいので、これもNGです。

 

顔の骨は23個の骨が組み合わさっているのですが、この骨が一つでもずれると、骨全体がゆがんでしまいます。

 

頬杖は、どうしてもいつも同じ側をついてしまいがちですが、この繰り返しにより、

 

骨が歪むことで顔の筋肉を圧迫し、血液やリンパの流れを滞らせてしまうのです。

 

頭はとても重いパーツです。

 

それを片方の手のひら1点で支えると、頭の重みで顔が歪んでしまいます。

 

この状態が長く続くと、脂肪が溜まりやすくなり顔が大きくなっていきます。

 

また、左右非対称の顔はブス顔の原因の一つですよね。

 

ひどくなると、二重顎が出来てしまうこともあるので、注意してください。

 

あなたは無意識のうちにしていませんか?

 

歪みをそのまま放置すると、筋肉のたるみやリンパの流れの圧迫に繋がり、シワやたるみもできやすくなり、どんどんお顔のトラブルが増えていきます。

 

更に!手は意外とバイキンが多い部分なので、顔にいつも手をくっつけていると、ニキビや肌荒れになりやすくなることもあります!!

 

パソコン、スマホの使い過ぎ

顔が大きくなる原因

最近一番多いのが、スマホやパソコンをを見るときに、首だけを前に出してしまう姿勢です。

 

スマホやパソコンを操作している時は、どうしても下向き姿勢になります。

 

この下向き姿勢が小顔にはよくないのです。

 

頭はとっても重いので、猫背&首だけを前に出すという姿勢になると、肩や首にとっても大きな負担がかかります。

 

顎の先端には「オトガイ筋」という筋肉があるのですが、この「オトガイ筋」は、顔の皮膚を引っ張りあげる働きがあります。

 

しかし、下向き姿勢を続けることで、「オトガイ筋」が衰えてしまうのです。

 

「オトガイ筋」が衰えると顔の皮膚を引っ張り上げる力がなくなり、顔のたるみや二重あごを作り出してしまいます。

 

また、首周りの血流、リンパの流れが悪くなり顔全体がむくんだりして顔が大きく見えてしまいます。

 

この状態が続けば続くほど、顔は大きく、そしてどんどん老けやすくなっていくんです。

 

怖いですよね。

 

現代では、パソコンやスマホは必須アイテムですが、使う時にはできるだけ真正面を向くように意識しながら操作するように心がけましょう。

 

姿勢が悪い

顔が大きくなる原因

そもそも、顔がむくみやすかったり、体は細いのに顔には肉がたくさんついてしまう。
という人には、ある共通点があることが多いのです。

 

それは、『姿勢が悪い』という事です。

 

姿勢が悪いとなぜ、顔に肉が付きやすくなるかというと、

 

そもそも、頭はとても重いものなので、首や肩には気が付かないうちに、そもそもかなりの負担がかかっています。

 

姿勢が悪くなると、頭を支えるためにより余計な負荷がかかり
その部分の筋肉に疲労を与え、血行やリンパの流れが悪くなってしまいます。

 

それが続くと、顔には栄養が届きにくくなり、老廃物を回収する力も下がってしまうので、どんどん顔に余計な物が溜まりやすくなってしまうんです。

 

長年悪い姿勢が続くと、ブス顔はどんどん進行して、たるみがでたり、シミやくすみができやすくなりクマがひどくなったり、髪の毛が薄くなることもあります。

 

特に最近は前述したように、スマホの普及で姿勢が悪くなっている人がとても多いので、あなたは悪い姿勢にならないように気をつけて下さいね。

 

姿勢が悪いとパッと見た時も、見た目の印象が悪いですし顔が大きくなりやすいだけではなく、

 

内臓に負担がかかって病気になりやすくなったり、太りやすくなったり、冷え性になったり、バストが小さくなったり、姿勢が悪くて得をすることは何一つありません。

 

逆に、綺麗な姿勢を意識すると、普通にご飯を食べる事が、小顔運体操になり、歩いているだけで全身の筋肉がバランスよく刺激されて、血行促進で健康に代謝アップで痩せやすくなります。

 

お顔のお手入れなんてめんどくさい〜

 

という人こそ、普段から綺麗な姿勢を意識してみて下さい。

 

歯を食いしばったり、歯ぎしりをする

顔が大きくなる原因

歯を食いしばったり、歯ぎしりをすることは、ストレスが溜まっているとよく起こるのですが、意外と無意識で行っているケースが多いです。

 

寝ている時とか、習慣やクセなっているのですね。

 

この行為を繰り返すことで、顔の筋肉が発達しエラが張ったりして顔が大きくなります。

 

一度、自分の行動を観察してみて下さい。

 

片側の歯だけで噛む

食事をするときに、片側の歯だけで噛む習慣がついていると、噛まない方の口の筋肉は凝り固まってしまいます。

 

筋肉が固くなると、老廃物が溜まりやすくなったり、たるみが出やすくなったり、顔が大きくなる要因になってしまいます。

 

この習慣を長く続けることで左右の顔のバランスが崩れ歪んできます。

 

顔が歪んでくると、むくみやすくなったり、歯のかみ合わせが悪くなることで、歯を食いしばるようになったりします。

 

食事は毎日取るものなので、気にしたことが無いという人もいるかもしれませんが、人間の噛む力はとっても強くて、最大でなんと体重の3倍もの力が、お口の中にかかっているんです。

 

脚を組む

顔が大きくなる原因

脚を組む行為は、スマートに見えたりして見た目は良いのですが、脚を組むことで骨盤が歪み、背筋・背骨も歪んでくるのです。

 

猫背にもなりやすくなります。

 

脚を組むことで、骨盤が後ろに倒れ首が前に出、首や肩がこりやすくなり、顔のむくみや歪みに繋がっていくのです。

 

脚を組む習慣がついている人は、すでに骨盤や背骨が歪んでいるかもしれません。

 

一度、自分の姿勢を見つめなおしてみてください。

 

ストレスで顔が大きくなる

顔が大きくなる原因

ストレスが常態化すると、ほほの張りを悪化させてしまいます。

 

ストレスを感じると人間は、筋幕が厚くなって、顔の膨らみやこわばりを作る原因になります。

 

筋膜とは、顔の表皮のすぐ下にある、筋肉を包んでいる膜のことを言います。

 

筋膜は筋肉がバラバラにならないように束ねているのですが、筋膜が厚くなると、全体がかなり膨らんでしまいます。

 

顔の頬にある、咬筋にも筋膜があり筋膜が厚くなることで、エラの部分が膨らんでしまうのです。

 

筋膜はコラーゲン線維が網の目のようになって形成されていて、線維芽細胞があり、中央にリンパ管が通っています。

 

線維芽細胞は、古いコラーゲン線維を分解し、リンパ管から排出させるのですが、

 

強いストレスを受けると、交感神経が高まり線維芽細胞の働きが悪くなることで、古いコラーゲン線維を排出する働きが弱くなり筋膜が厚くなるのです。

 

真面目過ぎる方や、パソコン画面をズッと見続けたりしても筋膜が肥大する可能性が高まると考えられています。

 

この研究はNHK BSプレミアムの番組でも紹介されました。

 

リンパの流れが悪くなると大顔になる!

顔が大きくなる原因

「習慣」や「癖」は当たり前のように、毎日自然にしてしまうものだから
改善する事がなかなか難しいものですが、カワイイ小顔になりたい!

 

と思う人は

 

ぜひ意識して改善して行ってくださいね。

 

ここで紹介した悪い習慣は、いずれもリンパの流れが悪くなることで、起こることばかりです。

 

リンパとは人間の体の中を血管と、同じように全身に流れているもので、細菌をなどの異物を退治したり、体の不要物を回収する下水道のような役目をしている部分です。

 

実際の下水道もごみがいっぱい詰まると、流れが悪くなってしまったり、汚れた水があふれたりして、よりゴミが溜まりやすくなってしまいますよね?

 

人間の体もそれと同じです。

 

目には見えないので自覚がない人が、ほとんどだと思いますが、実は、私たちの体からは、毎日とても多くのゴミ=老廃物が排泄されています。

 

これがきちんと流れていれば、代謝も活発になり、健康で痩せやすくい体でいられるのですが、リンパの流れが悪くなると細胞レベルで代謝が下がり

  • 肌が荒れる
  • 太りやすくなる
  • 顔色が悪くなる
  • 病気になりやすくなる

などなど見た目にも健康にも悪影響を及ぼしてしまうんです!!

 

特に顔周りは口や鼻から、細菌やウィルスが入りやすいので、全身に悪いものが広がらないように、リンパの関所と言われるリンパ節の数も多くて、リンパが詰まりやすい場所です。

 

だから、流れを促進する事がとてもとても大切です。

 

リンパの詰まりをそのまま放置し続けると、小顔になれないだけではなく、年齢を重ねるごとに、「ブス顔」になってしまいます・・・。

 

あなたはブス顔ではなく、モテ小顔になりたいですよね?

 

だったら、できるだけ早く、具体的な対策をするべきです。

 

でも、エステや整体は、一度行けばそれでOKというものではなく、通い続けてこそ効果があるものなので、一度だけでは劇的な効果は期待できません。

 

その場では効果を実感できても一度だけでは、すぐに戻ってしまう事がほとんどです。

 

ここで紹介しているように、毎日の生活の中には知らず知らずのうちに出来上がってしまった「習慣」「癖」のようなものがあり、その習慣、癖の積み重ねが顔を大きくしたり、肌荒れを引き起こしたり表情を歪ませる原因になっています。

 

何年もかけて積み重ねたものが、たった1回の施術でチャラになる訳ありませんよね。

 

良い状態を定着させるには、体が良い状態を覚えるまでコツコツとお手入れを続けるしかないんです。

 

小顔整体や小顔エステは、施術する人の技術によって、結果にも差が出てきますから安易なお店選びもできませんし、続けて通うとなるとちょっと費用が気になりますよね。

 

それに、時間だってかかります。

 

じゃぁ具体的にどうすればいいのか・・・

 

普通の生活をしながら1日5分で「モテ小顔」になることができる!

顔が大きくなる原因

 

顔が大きくなる原因

顔が大きくなる原因

 

一人一人が具体的なお手入れの方法を覚えて、自宅でそれを再現できるようになれば、多額の費用をかけなくても、自分で・いつでも好きな時間に、プロ並みのお手入れができるようになれば、どんな人でも無理なく小顔になることができます。

 

毎日自宅で続ける事ができるプログラムならば、戻ってしまう心配も無用です!

 

日常生活の中には、顔を大きくしてしまう原因やブス顔を作る原因がありとあらゆるところに隠れています。

 

そういったものをすべて避けて通るのは、生きている限りほとんど無理です。

 

だから、きちんとお手入れをしないと、どんどん顔が大きく理想とはかけ離れた顔になってしまうんです。

 

 

小顔になるために一番大切なのは、『続ける』事ですから無理なく毎日続ける事ができる方法を早く身につけて下さいね!

 

一般的な小顔プログラムでは、先生が一方的に指導するだけで、

 

「ここが良くわからない・・・」

 

「私の場合はどうすれば??」

 

どいうような疑問は、自分自身で解決しなくてはいけないので途中で挫折してしまうという人も多いんです。

 

せっかく「綺麗になりたい」という気持ちを持っているのに、途中で挫折してしまったら本当にもったいないですし、夢がかなわなくなってしまいます。

 

プロのサポートは一般的には、かなり高額ですがモテ小顔ラボでは「無料」です!

 

困ったときに、「どうすればいいのか」がすぐにわかると、安心できますし続けやすいですよね。

 

顔が大きくなる原因

顔が大きくなる原因

 

普通の生活をしながら1日5分で「モテ小顔」になることができる!

顔が大きくなる原因

 

顔は30代から大きくなります。

20代と比べて、何か顔が大きくなっていると感じることがありますよね?

 

残念ながら医学的にも、人間の顔は加齢とともに大きくなっていくんです。

 

顔の骨は年を重ねることで、骨が委縮し顎の骨がV字ラインからU字ラインに変化していきます。

 

そして、頬の皮膚も加齢とともに下がるので、顔全体が四角に近づいていきます。

 

さらに、瞼の脂肪も下がることで、目が小さくなり、唇も薄くなっていくことで、顔の余白が多くなり顔が大きく見えるようになるのです。

 

今までの若々しさを保ちたいのなら、フェイスラインや顎下の脂肪を取ったり、引き締めることが必要です。

 

小顔の癖をつけるパック ↓ ↓

プティットラファン口コミ


また、ここでも書いたように、日ごろから血流を良くすることで、顔の筋肉を発達させない努力も必要になってきます。

 

変な情報に乗せられて、むやみに顔の筋肉を動かすマッサージをすると、かえって逆効果になることもあるので注意してくださいね。

 

また、30代になると髪にうねりが出てきたり薄毛になってきます。

 

これも顔を大きく見せる事になるので、日頃からブラッシング、マッサージなどで頭皮に刺激を与え、

 

頭皮にたくさんある毛細血管の血流をよくすることで、頭皮に栄養と酸素をたっぷりと送るようにしましょう。

 

血流がよくなることで、顔もリフトアップされ、目もパッチリ開くようになります。

 

頭皮には常日頃から、栄養をたっぷりと与え、頭皮が硬い状態から柔らかくふっくらとした環境にしておくことで、薄毛予防や小顔対策にもなります。

 

守り髪